ワイヤレスイヤホン 家電

JBL LIVE PRO+ TWS 率直レビュー(誰かの絶賛は自分の絶賛にはならない)

物凄く評判のよかったLIVE PRO+ TWS を購入したんだけど、タイトルの通り自分には絶賛とまではいかなかった。

まずはファーストインプレッションなんだけども、他のイヤホンよりも最初のボリュームが小さい。そしてこのイヤホンもアプリによるイコライザー調整は必須。

結論から言ってしまうとこのイヤホンは見送ってもOK。

コスパならEarFunAirProをお勧めしたい。

ロッソです。JBLのJBL LIVE PRO+ TWS を率直レビューします。
この記事をご覧になってありがとうございます Twitterのフォローお願いします。

JBL LIVE PRO+ TWS はJBL公式専用販売モデル

JBL LIVE PRO+ TWS は楽天市場やJBL公式サイトで購入できる専売モデルになります。なのでAmazon 家電量販店のサイトでは購入できません。

販売価格は17,800円。上位版のCLUB PRO+ TWSの価格差は約5,000円。(Amazonの価格を参照)Amazonでは22,500円前後で購入できる。

上位モデルのCLUB PRO+ TWSを所有してないので、甲乙はつけがたいのだけど思ったより低音を強調できないためなのか

EarFunAirProより音質は劣ってると感じた。しかし、最近のアップデートにより音質が上がった感じがしてバランスがよくなった印象で

EarFunAirProのドンシャリ感が逆に耳に不快に感じるレベルまで上がった。聞きやすい上質差を手に入れ最初の評価よりだいぶ良くなった。

正直これならアリかもしれない、、

LIVE PRO+ TWSの特徴

JBL公式からの引用になるんだけど

かなり耳へのフィット感を重視していて、いろんな人の耳の形にフィットするようショートスティク型に、そしてアプリで耳にフィットしてるかの確認もできる

イヤーチップも5種類から選択でき、その中から最適なチップを選択できる工夫がされている。

そしてイヤホンには11mmのダイナミックドライバーが採用されていて、キレのある低音域のサウンドが楽しめる

正直ドライバーの違いによる音の領域は個人的には分からん。ただ、アップデートによって公式による音の上質差は感じるようになった。

しかも着け心地もいいので長時間の再生にも耐えられる感じがする。うどん型のメリット。

カナル型はつけすぎると耳が痛くなるし、マスクのひもによって耳は2重苦。

連続再生時間はケース込みで28時間 イヤホン単体ではノイキャン入りで7時間。

勿論ノイズキャンセリング 外音取り込みモードを搭載。ノイキャンは3種類のモードから選択できるけど多分一つしか使わない、、

と、特に昨今の完全ワイヤレスイヤホンでは目新しさはないんだけど価格なりのイヤホンではあると思う。

残念なのはイヤホン操作がいつものタッチ式 誤操作は相変わらずある。

Google appleの音声案内に対応してる。

LIVE PRO+ TWSの特徴Ⅱ

ワイヤレス充電に対応し満充電も2時間で完成。10分の充電で1時間再生できる高速充電にも対応

防水機能はIPX4 雨や汗による水には平気 雨降ったら傘さす人 運動して汗吹く人には関係ないと思う話。

音質はアップデートによって普通のイヤホンと変わらないボリュームになった。しかも音質も向上。

次にアプリの紹介

このアプリからイコライザーの調整 カスタマイズする事ができる。

LIVE PRO+ TWSの付属品

LIVE PRO+ TWSには耳にフィットすることを心掛けているみたいで、5種類のピースとUSB-Cケーブル(短いやつ)

後説明書。

LIVE PRO+ TWSのまとめ

大絶賛されていたJBL CLUB PRO+ TWSに近いSoundということでかなり期待していたけど、まぁそこまでの絶賛はなかった。

個人的にはEarFunAirProでいいかなって思った。 

EarFunAirPro 率直レビュー 〔全部入りでこの価格ならこれで満足できるんじゃないか〕

        

続きを見る

ただケースは持ち運びやすくかっこいいので見た目はグット。

評価 ★★★☆☆ 普通 

一通りの完全ワイヤレスイヤホンの性能 イコライザーによる音質の調整 価格も2万円以下

でも、普通

そしてマルチペアリングに対応していなくBluetooth接続を解除するのが面倒 その都度アプリによる接続が必要になるので手間。

最初にGoogleに保存するといいのかもしれない。そういう案内が通知されるので

イヤホンとしては

ここまでの価格になると正直あまりイヤホンの音質は変わらないと思う。ケース イヤホンの形状で個性を演出し他社との差別化を図るもうそれ位しかイヤホンは差別化が難しい分野に感じた。

まとめると

ちょいちょいJBL CLUB PRO+ TWSの値段が下がるのでこちらを購入するか、SonyのWF-1000XM3も安くなってきたのでこちらを購入するのもおススメ

でもEarFunAirProのが個人的に超おススメ。

-ワイヤレスイヤホン, 家電

© 2022 一人ラブレターブロ ヒトブロ Powered by AFFINGER5