ワイヤレスイヤホン 家電

Technics EAH-AZ60率直レビュー 【現時点の完全ワイヤレスイヤホンの完成形】

現在多数あるイヤホンの中でもLDAK ハイレゾ対応してるイヤホンは数少なく 自身が知る限りでも以前レビューしたSonyのWF-1000XM4 とアプリのアップデートでLDAKに対応したAnker Soundcore Liberty Air 2 Proなんかと現在でも各メーカーのイヤホンの種類はあるけどもLDAKに対応したイヤホンは数えるほど、

Anker Soundcore Liberty Air 2 Proなんかは15.000円を切る価格で逆にびっくりなんだけど 各メーカーアップデートで対応コーデックの追加などしてほしい

このTechnics EAH-AZ60の価格は28,000円ほど SonyのWF-1000XM4 の価格は発売時期は33,000円 現在は30,000円まで落ち着いてきた。

こいつもいずれ値下がりする可能性はあるけども、定価購入しても最高に満足のいくイヤホンである。

ロッソです。今回はTechnics EAH-AZ60の率直レビューです
この記事をご覧になってありがとうございます 
Twitterのフォローお願いします。

Technics EAH-AZ60 の簡単な解説

Technics EAH-AZ60 はノイキャン 外音取り込みに対応してる完全ワイヤレスイヤホン

対応コーデックはSBC、AAC、LDACと数少ないLDAKに対応してる。

イヤホン単体はIPX4相当の防滴仕様

音楽の再生時間は約7時間 多分ノイキャンありで

ケースこみでは記入なし

急速充電対応で15分充電/約70分再生 残念なのはワイヤレス充電に対応はしていない事。

多分普段の通勤 通学で困る事はない再生時間だと思う。

Technicsブランドの意地

Technicsはパナソニックの一部で、歴史ある音響部門の名称で随分前にパナソニックに統一されたみたいだけど、2015年に復活し、現在は音響を中心にたくさんの人の耳を楽しませる音作りをしている。そんな中Technics名義で発売された今回のTechnics EAH-AZ60 正直驚いた この音質 この性能全てにおいて満足する出来だった。

どのメーカーでもいいのだけれど、自分好みの音は色々触れてみないとわからない事は多い。このイヤホンはJabra Elite 85tで一応の完成形を見せていた音質を覆した。

Technics EAH-AZ60の魅力

まず、圧倒的によかったのが音質。カスタマイズしなくても音量も大きめで音も良く大変よくできました。

さらに専用のアプリがあるんだけどそのアプリでイコライザーの調整ができ、自分で調整もできるんだけどすでにアプリ内にあるプリセットされたイコライザーを選んでも満足のいく音を楽しめる。むしろこの調整が最高。マジでSonyの WF-1000XM4 で苦労した音の調整を簡単にできてしかもいい音ときたもんだ。ただ、残念ポイントもあり、マルチペアリングって記載があるけど各スマホで接続しなおさないとダメで、この辺は Jabra Elite 85tのが便利なんだよね。そして、イヤホンはタッチ式。正直誤タッチがあるからボタン式のが個人的には好み。しかしこのイヤホンは正直このくらいしかマイナスポイントはなく本当に完成されたイヤホンだと思う。

このイヤホンはハイエンドに恥じない装備も充実で、ノイキャン 外音取り込み 専用アプリもある。そしてそれらを使った感想としても全てにおいて優秀。

音質は音の広がりというにわかに信じていなかった音の広がりを感じ、これかって思うほど色々な音の広がりを感じる素晴らしい音。

ごめんJabra Elite 85tを手放すわってなった最高の出来。 WF-1000XM4 の音質が自分好みの音を見つけられなかったら間違いなく WF-1000XM4 を手放すほど、価格はこちらのイヤホンのが安いのに、 WF-1000XM4 を超える存在。大興奮

このイヤホンの魅力はやはりイコライザーで簡単に最高の音質を楽しめることじゃないかと思う。あとは最大10台までにペアリング状態を維持できること

その都度接続し直しするけど。まぁすぐなんで

Technics EAH-AZ60の付属品

最近の環境に配慮したデザインにより箱は簡素。 WF-1000XM4 の箱より若干大きい位。まぁ正直保証書 ケーブル 本体 ピースがあればよく 後はメーカーのホームページで使用方法を確認くださいでもいいわけで。

Technics EAH-AZ60 の重量

まずはケース イヤホン込み

イヤホン単体

Technics EAH-AZ60 の率直レビュー

今回の Technics EAH-AZ60 の評価

★★★★★ 最高 かなり練りこまれた音質に優れたノイキャンと外外音取り込みモード そして優秀なアプリ イヤホンも取りやすく耳のフィット感もいい。

個人的に不満も少ない 唯一の弱点はタッチ式による若干の誤作動がある事。ハイエンドなのにワイヤレスに対応してない事のマイナス面もある。

そして、唯一の判断材料が値段もそこそこ高くこの価格帯にSony ジャブラがあってかなり判断に迷う でも、音質は SonyのWF-1000XM4 より価格も若干安いのに音質は同等かそれ以上の性能がある。Jabra Elite 85tより音質は Technics EAH-AZ60 の勝ち 個人的には買いの一点

それにしても高価格帯の完全ワイヤレスイヤホン市場は国内企業が強い 喜ばしい事

-ワイヤレスイヤホン, 家電

© 2022 一人ラブレターブロ ヒトブロ Powered by AFFINGER5